認知症を予防する5つの方法

pixta_9144779_M

認知症は、現状の医学ではまだ治せない?
であれば?
認知症の予防に徹することが大切です。

・認知症を予防する5つの方法
1.生活習慣を正す
2.栄養バランスを整える
3.適度な運動をする
4.頭を使う
5.事故に気を付ける

では具体的に解説してみましょう。
1.生活習慣を正す
認知症の具体的なメカニズムが少しずつわかり始めています。
そこでは日々「人間らしく」生きる?
それが認知症予防には重要!
指摘されています。

第一に生活習慣を正す!
例えば?
日の出と共に起きる!
紫外線は、生活習慣を整えたり精神系疾患を予防するには最も効果があるようです。
そもそも日本人には太陽信仰があり、太陽が活力を与えてくれる!
そして日が沈んだら?
眠りに就く準備をしましょう。
睡眠前は、飲食を控える!
スマホやパソコンなどの光を浴びない!
静かに寛いで、睡魔の訪れを待ちましょう。

朝定期的に起きていれば、夜決まった時間に眠気が襲ってきます。
日中適度に身体を動かしていれば?
肉体が疲れて、深い眠りへ導いてくれます。
このような生活を続けていれば?
認知症予防に貢献してくれるでしょう。

2.栄養バランスを整える
栄養バランスを整えることは?
認知症に限らず病気予防の基本です。
偏食は生活習慣病の元であり、動物性食品に偏っていると?
認知症を促す!
そんな研究もあるようです。
積極的に野菜類や魚介類などからビタミンとミネラルを摂取しましょう。

3.適度な運動をする
適度な運動も大切です。
1日30分歩く!
それだけでも生活習慣を整える効果があります。
外出ついでに近所付き合いをする!
対人関係は面倒ですが、これが現状認識能力の低下を予防してくれるようです。

4.頭を使う
頭を使うと疲れる?
しかし適度な疲れが生きる上では不可欠です。
認知症の前触れも?
考えなくなる!
ボーっとしている?
周りで気を付けてあげましょう。

具体的に頭を使う?
どうするか?
対人関係が一番です。
会話することで頭を使う!
認知症の予防には井戸端会議!
女子会?
病気予防の観点から考えれば?
無駄話など本当はないのでしょう。

なおゲームをする!
昨今のゲームは反射神経を鍛えることもできるので、体力低下の予防にも期待できそうです。

とはいえ何かに興味を持つ!
これが認知症予防では重要です。
趣味もやる気が出ない?
異性への関心もなくなった?
これは認知症の危険なサインなので、自他共に注意しましょう。

5.事故に気を付ける
事故に気を付ける!
当たり前のことですが、年をとると身体が衰えてきます。
たった2センチの段差で躓く!
そこで受身が取れず骨折?
寝たきり!
そこまでいかなくても身体を動かすのが億劫になります。
すると気力も失われて認知症に向かう?
よくあるパターンです。
日々適度な運動をすることにより、筋力の低下を予防しましょう。
とはいえ無理は禁物です。
そこから怪我をしても良くありません。

一方で交通事故に気を付ける!
頭を打った!
そこから水頭症?
これが認知症の原因である可能性も指摘されています。

以上、日々心掛けてみましょう。
認知症を自分で認知する?
難しいですが、家族や近所などでお互いに注意しあうことが大切です。
認知症は地域で予防しましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP