あああ

誰に相談すべきなのか

思春期男子の切実な悩みとして包茎があります。
基本的に日本人男性の多くは包茎です。
ただし仮性包茎なので、それほど心配する必要はありません。
しかし包茎について誰に相談すべきなのか?
一番良い相談相手は父親でしょう。
小学生の時などにそれとなく示すことが有効です。

一方昨今は特にインターネットなどを通じて間違った?情報が溢れています。
包茎だと彼女にふられる?
目の前が真っ暗になるでしょう。
高校生くらいでは包茎手術に費やすお金もないし、未成年であれば親の承諾が不可欠です。

では親しい友人に包茎の相談ができるか?
よほど割り切った性格でなければ、打ち明けるのは難しそうです。
今ならSNSでばらされてしまう?
自分の包茎を棚に上げて、他人の包茎をあざ笑う!
ありそうです。

ちなみに二十歳前で仮性包茎はまったく恥ずかしいことではありません。
逆に中途半端な知識に振り回されている方が、後々大きな問題となります。
とはいえネットの相談コーナーにベストアンサーがあるので参考にしてみましょう。

なお乳幼児の母親が我が子は包茎!と思い込み小児科で相談?
小さい間は亀頭を守るために包茎であった方が良いので、息子の健全な成長を静かに見守ってあげましょう。

関連記事

  1. pixta_10705914_M シンボルマークとは
  2. 手術費用について
  3. サウナでは包茎を隠せる
  4. disabled people care help flat icons set 昨今の聴覚障害者
  5. 障害者政策も内閣府のお仕事
  6. pixta_19733156_M 障害者たちの都合の良さ
  7. Symptoms and pain. Isolated on white 男性が座って排尿すると3つの身体的リスクがあるようです
  8. ■このロケーションはストックフォト撮影用にレンタルしたうえで撮影を行っています。 犯罪について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP