あああ

車の運転について

imasia_700730_M

車の運転に際しては高度な注意力や反射神経、そして集中力が求められますが、昨今は車の技術が向上したことにより、障害者であっても車の運転が可能になっています。
外見上は健常者が運転しているケースと区別できないこともしばしばです。
もちろん障害者が車の運転をする場合には、障害の程度に応じた免許証を交付してもらい、相応の車で、必要に応じて障害者が運転している旨の標識を付けることになっています。
ちなみに車に付ける標識として一般的なのは初心者マークおよび近年変更された高齢者用のマークですが、聴覚障害者が車の運転をしていることを知らせる黄色い蝶を象った聴覚障害者マークもあります。
これは標示義務があり、非標示の場合は1点減点、反則金4千円を課せられることになります。
一方で白い四葉のクローバーを象った身体障害者マークもありますが、こちらは標示義務がなく、罰則もありません。
なお障害者が車の運転をしていることを知った場合は、周りの車はそれなりの配慮をすべきであり、不用意な追い越しなどは道路交通法により厳しい処罰を受けることになりかねないので気をつけましょう。
当然ですが、このような危険行為は障害者相手のみならず厳禁です。

関連記事

  1. ゴールドコンサートに夢を!
  2. 続発性より怖い原発性無月経
  3. 障害程度区分と手帳の等級
  4. 日本人の割合は約70%
  5. 続発性無月経を見逃すな
  6. 生理の仕掛け人1
  7. 黄体期について
  8. Diverse Diversity Ethnic Ethnicity Unity Togetherness Concept 世界における差別

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP