あああ

車椅子使用者とは

imasia_4767656_M

私達、特に多くの経験をした大人は、逆に多くの勘違いや思い込みをしてしまいます。
もちろん経験則に従って物事を瞬時に判断することは重要ですが、時に大きな間違いや、騙されるなどの原因にもなるので注意が必要です。
ちなみに車椅子使用者を見ると、即「障害者?」とイメージしがちですが、必ずしもそうとは言い切れないようです。
ただし何らかの理由によって車椅子を使用している人のことも考えるべきでしょう。
具体的には、街中を普通に歩ける人にとっては何でもない段差が、車椅子使用者にとってはとてつもなく高く感じられることがあります。
場合によっては転倒するリスクもあるので、車椅子使用者が困っている場合は、障害者であるかを問わず助けてあげる勇気が大切です。
日本人はとかく障害者を「別視」しがちであり、ちょっと距離を置こうと考えてしまいます。
電車の中でも障害者や高齢者に声を掛けるべきか躊躇することが多々ありますが、声を掛けた方が、例え断られても何となくすっきりするものです。
逆に車椅子使用者など障害者や高齢者の側も、声を掛けられたら優しく返事をすることがお互いの幸せのためと言えるでしょう。

関連記事

  1. 普通の生活を考える
  2. 包茎とは
  3. pixta_13313328_M かかりつけ医へ行けと言うが、どこにあるのでしょうか
  4. 生理と食べ物について
  5. business and office concept - screaming businesswoman in eyeglasses with megaphone 精神障害者の実態
  6. pixta_19733156_M 障害者たちの都合の良さ
  7. 自力で直す際には注意
  8. ■被写体の人物モデルはストックフォト承諾済みです。■スタジオセットを使用したイメージ写真です。 障害者とはどのような定義で定められているのか

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP