あああ

障害の軽度と重度の判定

pixta_18106716_M

障害者とは何か?障害という用語自体を問題視する風潮もありますが、多かれ少なかれ、人間であればどこかに欠点があるものです。
例えば人によって計算能力が弱かったり、暗記が苦手など、それを個性、性格、癖、病気?どのように判断するかは難しいようです。
時に行政サービスに際しては障害者をいくつかのランクに分けることがありますが、障害を持った部位によっても軽度と重度の判定は困難です。
一般的に障害者とは、何らかの身体的および知的・精神的なトラブルにより日々の生活が難しい状態の人を指しますが、一見して障害者?と思えないような人を軽度障害者と考えることもあります。
なお軽度と重度の違いとして片手なら軽度、両手なら重度、また自分で排泄ができるか否かによって軽度と重度を区分けすることもあります。
一方で知的障害者に関しても軽度と重度の診断は難しく、近年多く発見されている学習障害児などは、外見上普通の生活ができ、特定の計算問題だけが理解できない?という程度です。
このような子は単に怠け者!というレッテルが貼られることがあり、親子共々悩んでいるケースが少なくありません。
とはいえ軽度と重度に関わらず、障害者を差別しない社会を築きたいものです。

関連記事

  1. 包茎は最大のプライバシー
  2. 手術の入院について
  3. 成長期にお互いの身体を知る
  4. 統合教育とは
  5. ダウンロード (5) この冬、風邪で困らないための5つの方法
  6. 自力で直す際には注意
  7. Doctor with finger point to blank paper 手術の年齢制限について
  8. 生理とは

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP