あああ

近くにお医者さんはいますか?医師が偏在する3つの理由

medicine, profession, teamwork and healthcare concept - international group of medics or doctors with clipboard and stethoscopes over blue background

あなたの近くにお医者さんはいますか?
もちろん大都市ほど人口密度が高いですね。
だから大都市ほど医師が多く集まります。
これは必然ですし、効率的?平等でもあります。
とはいえ何故、医師が偏在するのでしょうか。

埼玉県は医師が少ないという事実

東京に医師が集まるのは当然ですね。
第一に医学部を持つ大学が多いからです。
とはいえ人口当たりの医師数で換算すると、
埼玉県、茨城県、千葉県がワースト3に入るようです。
埼玉県に医師が少ないという事実?なぜでしょうか?
首都圏の人は、東京の病院へ行くからです
言われてみれば納得できますね。

医師が偏在する理由

医師が大都市に偏在する理由は何か。
具体的に見ると仕方がない部分もみえてきます。

1 指導教官の下での「丁稚奉公」

かつて多かったのが、指導教官の下で「丁稚奉公」することです。
教授に嫌われたら?息のかかった病院で働けなくなるからです。
まさしく「白い巨塔」は存在していました。
しかしこの実態を、社会が放っておきませんでした。
2004年に臨床研修制度が始まりました。
つまり学生が、研修先を「合法的に」選べるようになったのです。
これによって医師の一極集中が緩和される?
期待されて10年以上経ちました。

2 大都市の方が勉強になる

医師個人としてのジレンマもあります。
大都市の方が、医学の勉強になります
つまり患者数が多い!事例が多い!
医療関係者とも多く接することができるので、
様々な情報交換も楽です。
自分が医者として成長するためには、
大都市にいることが重要なのです。
もちろん若い間に勉強をして、
ある年齢に達したら地域医療に従事する!
そんなパターンができるとベストでしょうが。

3 地方は総合診療医が求められる

地方には患者が少ないですね。
とはいえ病気は千差万別です。地域を選びません。
最小限の医師数で多様な病気を診る必要があります。
そのため経験豊富な総合診療医が求められます。
つまり病気の軽重を見分ける技量です。
専門分野に特化したゴッドハンドよりも、
何でもわかる医師が欲しいのです。
そんな医者は、日本全体を見ても数が多くありません。
いわゆる医師版の需給ギャップです。

解決方法はあるのか

これだけ医療や技術が進んだ世の中です。
社会の眼もあります。何か解決方法はないのでしょうか。

1 地域奨学金を設ける

地元に残ってくれる医師を育てるために、
地域奨学金を設ける自治体が増えています。
例えば島根県では、県が島根大学医学部に通う学生に対して
学費や生活費という名目で奨学金を提供しています。
その代わり卒業して医師となった後6年間は、
県内の医療機関で働くことが義務付けられます
経済的に苦しい人でも意志があれば医者になれる!
そんな前向きな制度を作ることこそ、
医師の偏在を緩和する重要かつ有用な試みです。

2 双方の意識改革が必要

何のために医者を目指すのか?
親が医者だから?金儲けをしたい!偏差値で医学部になった。
しかし第三者的に考えれば、
医者は患者のために働いてくれ!思いたいですね。
もちろん地域医療に従事する志を持った人が増えて欲しいです。
一方で世界的な名医、ゴッドハンドも必要です。
要はこのバランスですね。医師、患者双方の意識改革も重要です。
医師は積極的に地域医療へ貢献する
患者の側も医師に過度な期待をしない
近くに医者がいる!その安心感だけで、健康に暮らせるものです。

3 情報技術の活用

地方に行くと、先端医学の勉強ができない!
これまではそうでした。しかしこれからは変わるはずです。
ネット環境が整っていれば、海外の医師とも会話ができます。
同じように僻地の患者が、遠隔医療技術により
都会の名医による診療を受けることができます。
そうした理想的な社会が生まれようとしています。
利権に拘ることなく、患者第一主義で考えてくれれば、
近い将来に、誰でもどこでも最高の医療を受けられる!
時代になるでしょう

医者は量より質です

近くに医者はいるか?しかし使えるでしょうか。
誤診ばかりされたら?民間療法の方が役立つかも。
群馬大学で腹腔鏡手術を受けた人の死亡率は
全国平均の10倍だったとか?
将来的に医者を増やすべきなのか?
科学技術や医療はどんどん進化していますが、
それを使いこなす医師は本当にいるのか。
数打てば当たる?医者がそうであっては困ります

関連記事

  1. 女性からの印象
  2. disabled people care help flat icons set 精神障害者、保健福祉手帳の所持
  3. 包茎の何が恥ずかしいのか
  4. 使わなきゃ損?生理アプリ
  5. 指の切断をされた場合
  6. 手術の痛みについて
  7. pixta_4789536_M 春でも油断できませんよ。風呂場に潜む7つの危険
  8. ダウンロード (5) この冬、風邪で困らないための5つの方法

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP