あああ

通訳について

one handicapped disabled man in silhouette studio on white background

通訳と聞くと外交などに同行する人たちをイメージしますが、障害者に対する通訳もあります。
例えば視覚障害者に点字を使うことも通訳のひとつであり、聴覚障害者と手話や筆談を行うのも一種の通訳です。
ちなみに厚生労働大臣または都道府県知事が認定する手話通訳士という資格があります。
この資格を得るためには相応の講習を受け試験に合格する必要があるようです。
もちろん資格がなくても手話通訳は可能ですが、公的機関で手話通訳の仕事をする場合には必須の資格になっているようです。
一方で言葉が自由に話せない障害者との会話を補助する通訳のような人も求められています。
時に他人にはわからなくても、家族のように日々一緒に暮らし、障害者の癖を知っている人であれば、何をしゃべっているのか理解できるようです。
なお重度の障害を持つ人向けに開発された、コンピュータ処理による通訳機もあります。
手が不自由な場合は足で操作したり、それも難しい場合には口にくわえた棒でキーボードを操作します。
さらに進化した通訳機は、口や眼の微妙な動きを認知して言語に変換してくれるので、重宝されているようです。

関連記事

  1. pixta_18106716_M 障害の軽度と重度の判定
  2. 障害者のための借金被害対策
  3. 障害者が株取引を行う
  4. 性感帯温存法とは
  5. 仮性包茎と皮オナニー
  6. オナホを使って実際の訓練!
  7. 障害者専用駐車場の基準
  8. 自力で直す際には注意

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP