過敏性腸炎を予防する5つの方法

過敏性腸炎(過敏性腸症候群:IBS)は?
大切な時ほど下痢に襲われる!
そのため仕事ができない!
本人にとっては深刻です。
しかしちょっとした心掛け次第で?
予防できます!

・過敏性腸炎を予防する5つの方法
1.開き直る
2.ストレスや疲れを溜めない
3.食事に気を付ける
4.規則正しい生活
5.排便習慣を付ける

では具体的に解説してみましょう。
1.開き直る
過敏性腸炎のほとんどは?
精神的な要因から発症しているようです。
例えば駅のホームにいる間はまったく問題ないのに?
電車に乗ってドアが閉まった瞬間!
猛烈な腹痛に襲われる!
早く次の駅に着かないか!
イライラソワソワドキドキです。
しかし着くと?
不思議なほどにお腹が落ち着く!
これは一種のパニック障害でもあります。
本人は心配なので後日医療機関を訪ねますが?
精密検査を受けても異常なし!
よけいに、どうすれば?
悪循環です。
そこで?
電車の中で漏らしてもよい!
開き直る!
これが案外有効です。

そもそも過敏性腸炎は?
心理的ストレスや不安感から生じます。
悪い方へ考えるほど?
お腹の調子も悪化する!
その根本を取り除くことが一番の予防法であり、ここを解決しなければ?
過敏性腸炎が完治することはありません。

2.ストレスや疲れを溜めない
過敏性腸炎の遠因はストレスにあると考えられています。
どちらかというと?
過敏性腸炎を訴える患者さんは真面目なタイプ?
変に頑張ろうとしてしまう!
神経質?
しかしそんな状態では?
ただでさえストレスの多い現代社会では潰されてしまいます。

過敏性腸炎の段階であれば?
まだ解決もできるでしょう。
それが進んでしまい、精神系疾患に陥れば?
仕事どころではなく、通常の生活もできなくなります。
うつ病などを予防するためにも?
日々のストレスや疲れを溜めない!
明日に残さない!自分なりのストレス解消法を探しましょう。
休日はお腹が安定している?
正しく過敏性腸炎です。

3.食事に気を付ける
ストレス発散!
とはいえ暴飲暴食は生活習慣病を招くだけではない?
過敏性腸炎を助長している!
下痢や便秘を繰り返すケースでは?
食生活の崩れていることが多いようです。
過敏性腸炎ではなくても消化器系にダメージを与えている!

下痢が心配ならば?
1日3食規則正しく食べる!
辛いものやカフェイン系など刺激物を控える!
これを念頭に置くだけでも?
過敏性腸炎の予防につながります。

ちなみにダイエットをして日々の摂取量が少ないと?
便秘や下痢の原因になります。

4.規則正しい生活
決まった時間に起床し就寝する!
十分な睡眠時間を確保する!
適度な運動をする!
このように規則正しい生活をすることも?
過敏性腸炎の予防には不可欠です。

なお朝、出勤や通学前に十分な時間を確保しましょう。
朝食を摂らない?
逆に急いで食べる!
慌てて出かけると?
電車内で腹痛!
ありがちです。

5.排便習慣を付ける
過敏性腸炎の予防には?
毎日決まった時間に排便する!
このような排便習慣を付けましょう。
もちろん朝!
これがベストですが、昼や夜?
それぞれ自分の生活リズムに合わせましょう。

便秘がちの人も?
定期的にトイレで座る習慣を付ける!
食事や排泄などの本能的行動も?
習慣がなければ上手くいかないものです。

以上、日々心掛けてみましょう。
精神的な状態はそう簡単に変われませんが、前向きに捉えることで?過敏性腸炎以外の病気が改善したり、仕事も順調になるものです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP