あああ

陰茎癌について

日本人の死因のトップは癌ですが、癌といっても身体の様々な部分にできるものです。一般的な癌は胃癌や肺癌などですが、女性の場合は子宮癌や乳癌も深刻です。一方で男性の生殖器にも癌が生じることがあり、極めて稀ではありますが、陰茎癌になる可能性は否定できません。なお癌には遺伝的要因があり、また食事や喫煙などの生活習慣が強く影響すると言われますが、陰茎癌になりやすい人として包茎が指摘されています。もちろん現状において包茎と陰茎癌との因果関係は明確ではありませんが、陰茎癌の患者には包茎の人が多い、宗教上の理由から子供の時に割礼をしている人たちに陰茎癌が少ない、さらに包茎だと亀頭が不衛生になったり、包皮に隠れていて亀頭に現れた異物の発見が遅れる、などの関連性が疑われています。そのため陰茎癌を心配する人は、包茎を治すことが重要でしょうが、常に包皮内を清潔に保ち、仮性包茎のケースであれば適宜包皮を剥き亀頭を露出させて状態をチェックすることが大切です。ちなみにペニス全体に癌が発生する危険性がありますので、しこりなど少しでも違和感を覚えた場合は、恥ずかしがらず、死活問題なので、泌尿器科へ相談することをお奨めします。

関連記事

  1. 生理における成熟期とは
  2. 幼少時の包茎は問題なのか?
  3. 0a997b62e25bef1eeb9f7ff89d5596a4_s これでは治りませんよ!患者が薬を飲まない5つの理由とは
  4. medicine, profession, teamwork and healthcare concept - international group of medics or doctors with clipboard and stethoscopes over blue background 近くにお医者さんはいますか?医師が偏在する3つの理由
  5. 3d white people. Handicapped person in job interview. Isolated white background. 障害者雇用促進法
  6. 基本 RGB 性行為は可能
  7. pixta_5065659_M 虫歯を治してくれる成分は何か?歯磨きに何を使いますか
  8. 初経後の若年子宮出血

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP