あああ

陰茎癌について

日本人の死因のトップは癌ですが、癌といっても身体の様々な部分にできるものです。一般的な癌は胃癌や肺癌などですが、女性の場合は子宮癌や乳癌も深刻です。一方で男性の生殖器にも癌が生じることがあり、極めて稀ではありますが、陰茎癌になる可能性は否定できません。なお癌には遺伝的要因があり、また食事や喫煙などの生活習慣が強く影響すると言われますが、陰茎癌になりやすい人として包茎が指摘されています。もちろん現状において包茎と陰茎癌との因果関係は明確ではありませんが、陰茎癌の患者には包茎の人が多い、宗教上の理由から子供の時に割礼をしている人たちに陰茎癌が少ない、さらに包茎だと亀頭が不衛生になったり、包皮に隠れていて亀頭に現れた異物の発見が遅れる、などの関連性が疑われています。そのため陰茎癌を心配する人は、包茎を治すことが重要でしょうが、常に包皮内を清潔に保ち、仮性包茎のケースであれば適宜包皮を剥き亀頭を露出させて状態をチェックすることが大切です。ちなみにペニス全体に癌が発生する危険性がありますので、しこりなど少しでも違和感を覚えた場合は、恥ずかしがらず、死活問題なので、泌尿器科へ相談することをお奨めします。

関連記事

  1. 誰に相談すべきなのか
  2. 気にすべきは衛生面
  3. 堂々としたいなら正しい知識
  4. 包茎の何が恥ずかしいのか
  5. 手術の痛みについて
  6. pixta_18106716_M 障害の軽度と重度の判定
  7. 更新無用でも再発行は必要!
  8. pixta_14117252_M 自立支援医療費について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP