あああ

障害児について

Thinking schoolchild sitting at desk, portrait on white background

18歳未満の子供が障害を負っているケースを障害児と呼ぶのが一般的です。
先天的または事故などの後天的原因、さらに軽度や重度の障害を問わず、通常の生活や勉強ができなければ、障害児として特別支援学校に通学することを奨められます。
中には学校にも行けないほどの重度の障害児となっているケースも稀ではありません。
なお障害児であればまだ親の庇護の下にいられるので、親子共々やや安心する部分はありますが、障害児を抱えた親にとって心配なのは、成人して障害者となった後のことです。
普通に考えれば親の方が先に亡くなるので、子供の将来を悲観して心中するケースが多々あります。
障害者、障害児どちらにしても中途半端な慰めは逆に好ましくはないでしょうが、とにかく本人たちが頑張るしかないのです。
頑張ることにより、周りが支援してくれるものです。
まさしく人事を尽くして天命を待つ、障害者となったことは何らかの意味があると前向きに信じることが大切です。
そういう意味では、障害児の間に多くのことを学び、そして経験し、大人になって障害者になった時に少しでも自立の助けになるようにしたいものです。
一方障害者を見守る?側も、積極的な支援をすべきでしょう。

関連記事

  1. 生理とおりものの違い
  2. 障害者政策も内閣府のお仕事
  3. pixta_18106716_M 自立支援法とは
  4. pixta_14536441_M パラリンピックとは
  5. 手術の入院について
  6. 生理の仕掛け人2
  7. 手術は一生に一度?
  8. 生理と頭痛の関係は?

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP