あああ

障害者とはどのような定義で定められているのか

■被写体の人物モデルはストックフォト承諾済みです。■スタジオセットを使用したイメージ写真です。

障害者というと、体の不自由な人! そんなイメージを持っていませんか? でも、厳密に言うと、障害者とは、何らかの機能不全があるために、日常生活や社会活動をする上で制約を受ける人全ての総称であり、一口に障害者と言っても、神体・知的・精神、そして発達と、様々な分類があるんですよ。

そこで日本では、法律によっていくつかの定義というのを設けています。

まず、障害者とはと言う基本的な定義は、障害者基本法において、身体障害、知的障害、又は精神障害があるため長期にわたり日常生活又は社会生活に相当な制限を受ける者をいうとされています。

そして更に、身体障害者福祉法により、身体衣装会社の定義が、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律により、精神障害者の定義が、発達障害者支援法により、発達障害者の定義が定められているのです。

そう、障害者基本法に基づく基本的な定義では、障害者に含まれていない発達障害も、法律で認められた大きな機能不全であり、障害です。
ただし、知的障害者に関してだけは、知的障害者福祉法という法律があるのにも関わらず、何故かその定義が設けられていません。
その明確な理由は私には判りませんが、恐らく、余りにも状況が個々によって違い過ぎるため、一つの形を作る事が難しいのではないだろうかと思います。

ようするに、障害者、それは、肉体的な面や精神的な面、そして知能的な面に人並み外れたハンディキャップを持って要る人の総称で、先天性の人もいれば、人生の途中から仲間入りする人、あるいは、一時的に加わる人もいます。
全ての人が、いつなってもおかしくない障害者の存在、彼らの為というより、自分たちの為にも、今一度しっかりと受け入れる体制作りが現代社会には望まれますね。

関連記事

  1. pixta_2515464_M 難病と闘うための障害者福祉
  2. 尿路感染症について
  3. 3d white people. Handicapped person in job interview. Isolated white background. 障害者雇用促進法
  4. 女性ホルモンの分泌と生理
  5. 手術費用について
  6. 国際人権法とは
  7. 手術の痛みについて
  8. disabled people care help flat icons set 知的障害者の現状

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP