あああ

障害者のための借金被害対策

昨今、一つの社会問題になりつつあるのが、発達障害や精神障害を持つ人の借金問題です。
勿論、自分の意思でお金を借りる人も少なくありませんが、やはり騙されたり、利用されたりして負債を抱えてしまわれるというケースが後を絶たないんですね。

そこで、是非知っておいていただきたいのが、自分自身で法的な問題について判断する力が十分でない障害者については、「成年後見制度(せいねんこうけんせいど)」という制度があるという事です。
法定後見と呼ばれる事もあるこの制度は、補助人や補佐人、あるいは後見人を決め、民法第13条に規定されている借金や売買取引において、本人に代わって判断し、同意させる権利を与えようというもの。
時に、本人に代わって契約を取り交わす代理人権利も与えられますが、その範囲は、本人の判断能力によって、家庭裁判所が定めます。

そして、一度同意権や代理権が承認されれば、その後見人や補助人の同意なしで交わされた借金などの契約は、法律上無効となり、後で容易に取り消す事が出来る野ですが、補助や貢献開始前の契約は全て有効で、返済の義務が消える事はありません。
ですので、そうした障害を持たれている方の社会進出や自立を考えられる上では、やはり積極的に導入された方がいい制度だと言えるでしょう。
という事で、被害に遭われる前に、家庭裁判所において手続きと審判を開始される事をお勧めしたいと思います。

関連記事

  1. 矯正器具の注意点
  2. 増殖期について
  3. Doctor with finger point to blank paper 手術の年齢制限について
  4. 生理と閉経の前後と更年期障害について
  5. 生理における成熟期とは
  6. 障害程度区分と手帳の等級
  7. 生理前のイライラ解消法
  8. 手術費用について

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP