あああ

障害者の概要とは概ねいかに

障害者と一口に言っても、その範囲は実に広く、個々に概要が定められてはいるものの、実際にはどこまで明確に出来る課というのは、実に難しい問題でしょう。
中には、自分が障害者である事を認めない人もいれば、親が我が子の障害を受け入れられない事や表面化しようとしない事も多々あります。
しかし、おおむね障害者全体に当てはめられる概要としては、日常生活や社会生活に多大なる制限を受けるという事で、これが長期間、あるいは、一生続くと見なされれば、国がそれなりの認定を出す訳です。

とは言え、日常生活や社会生活に制限を受けるというのは、必ずしも体の自由が利かないから起こるという減少ではありません。
知能的に大きく劣る場合や精神的にかなり不安定な状態でも十分起こりうる現象です。
従って、体の自由が利かないために様々な支障を来す人を身体障害者、知能的に十分でないために、いろいろな事が困難な人を知的障害者。
そして、いずれにも問題はなくても、精神的に不安定なために、安定した日常生活や社会生活を送るのが難しい人を精神障害者として区分し、認定している訳です。
これが日本における障害者の一般的な概要であると捕らえていただいていいでしょう。

ただし、最も誤解されやすいのは知的障害者で、所謂療育手帳を所持している人たちです。
この知的障害については、必ず先天性であって、事故や病気などにより、脳に大きな損傷を得たために、日常生活や社会生活への適応性が衰えたり、消失した場合は該当しません。
認知症などはその代表格であって、それだけでは今のところ、障害者としての位置づけはどこにもされないという事を知っておきましょう。

関連記事

  1. pixta_20053742_M 発達障害は病気なのか?誰もが知っておくべき3つのこと
  2. 薬のイメージ 薬の飲み合わせは危険だけど、調査が進まない3つの理由とは
  3. Doctor with finger point to blank paper 手術の年齢制限について
  4. 真性包茎は温泉で雑菌が繁殖
  5. complaints binders isolated on the office table クレームはオンブズマンに!
  6. Thinking schoolchild sitting at desk, portrait on white background 障害児について
  7. 成熟期の後期の生理
  8. 生理の仕掛け人1

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP