あああ

障害者専用駐車場の基準

障害者のための専用駐車スペース、車いすマークが付けられているだけに、車いすの人しか利用出来ないのではないかと思われている方も多い事でしょう。けれど、実際には、全て障害者と高齢者が円滑に移動するために設置されているものなのです。
障害者専用注射スペースの一般的な特徴は、巾が広く、周囲がフラットで、且つ出入り口に近い事でしょう。それもそのはずで、障害者用の駐車スペースは、巾3.5メートル以上、目的地までの移動距離が極力短くなる位置に確保し、且つ、その目的地までの通路は、車いすがスムーズに通れるように整備する事と法律で定められているのです。
ですから、自動的にスーパーマーケットやショッピングセンターなどでもあのような広い駐車スペースが、入り口付近に設置されているんですね。また、駐車場から入り口までのところに点字ブロックやスロープが完備されているのもこの法令に基づくものです。
従って、基本的には全ての障害者と高齢者にその利用権は認められており、実際、法令でも利用者の制限というのはされていません。
しかし、現状全ての障害者や高齢者が常時使用出来るだけの障害者用駐車スペースは完備されていませんし、誰でもが使い出すと、本当に必要な人が使いたい時に使えなくなるという問題が出て来ます。
そこで目安となるのが、各都道府県の警察署が発行する注射除外証明書の交付を受けているかどうかという事になります。実はあの注射除外証明書、全ての障害者に交付される訳ではなく、単独での車の乗り降りや路上移動が困難且つ危険と思われる重度障害者のみに発行されるものなんですね。ですから、例え車いすでなくても、目が不自由な方にも交付されています。また逆に、下肢不自由者でもその状態によっては交付されない事も珍しくありません。
ですから、あの注射除外証明書をお持ちの方は、本人だけでなく、周囲の方の安全も考え、必ず障害者専用の駐車スペースに止めるのがベターであり、その際、証明書をきちっとダッシュボードの上に提示されておかれる事をお勧めします。そして、交付を受けていらっしゃらない方は、少々ご不自由でも、一般の注射スペースを利用するよう心掛けましょう。

関連記事

  1. 包茎の種類
  2. Doctor with finger point to blank paper 手術の年齢制限について
  3. 医療費助成制度とは
  4. メリットについて
  5. pixta_18106716_M 雇用対策の現状
  6. pixta_11546066_M 後発薬は本当に救世主なのか?解消すべき3つの不安
  7. 手術について
  8. 必ず隠す性格は将来治らない

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP