風邪の予防は何が良いのか、5つの提言

pixta_19676345_M

どれだけ気を付けてもウィルスの問題で生じる風邪。
4月4日、ADGANGの記事にてポーランドの話ではありますが、自分自身を撮影し、風邪の初期症状を知らせてくれる「カメラ内蔵ビルボード」が街中に設置されたとの事。
ビルボードの前に立つと、即座に体温を測定し、サーモグラフィの画像に映し出してくれるのです。発熱があると警告をしてくれるとの事で、日常生活の中で医療に役立つものです。
さらにはサーモグラフィの画像はマイクロサイトやQRコードにアクセスすれば個別にダウンロードする事も可能なようで、自分自身で体調管理も行えるようになります。
風邪は軽いものですので、少々軽んじている人も多いのですが、案外厄介なものです。
そこで、日常生活の中で風邪を防止する上で役立つ事をいくつか挙げてみるとしましょう。

マスク

やはりこちらは定番でしょう。風邪はウィルスによってかかってしまうケースもあります。自分自身の体調が良くても感染してしまうケースもあります。
マスクを装着すればウィルスから「防御」はできませんが、保温やのどの保湿効果があるので、ウィルスが好きな低温や乾燥を避けることができ、鼻の中や気管支でウィルスが繁殖しにくくなります。そのため、風邪の防止にはこれ以上なく活躍してくれるでしょう。
最近ではマスクのデザインも多様性が出てきていますので、オシャレでマスクを楽しめるようになっている点もポイントでしょうか。

睡眠をしっかりと取る

人間には自然治癒力が備わっていますので、多少悪い状態でも自然と治るのですが、それは睡眠で体を休めて、治癒しているからです。睡眠時間が短ければ、いわば「治癒時間」が短くなってしまいます。
睡眠は様々なメリットをもたらしてくれるのですが、休息を取る事によって体調を良くしてくれます。
風邪の予防はもちろんですが、体調があまり良くないと感じている人は、睡眠を多めに取ってみるのも良いかもしれません。睡眠は人間の健康の基礎と言っても良いくらい大切なものなのです。

栄養も意識しよう

睡眠と共に栄養まで意識すれば完璧です。
どのような栄養を摂取したのかによって体調は変化します。しっかりと栄養を摂取しなければ、先に挙げた睡眠での効果も半減してしまいます。
睡眠と栄養をしっかりと摂取する事によって風邪の予防はもちろんですが、医療機関にお世話にならない体作りも可能になります。
栄養の摂取は食生活になりますので、自分の食事にも気を付けると良いでしょう。外食が多いとダメだという事ではなく、栄養バランスの問題です。
足りていない栄養があると思ったら、サプリメント等でも摂取出来る時代ですので、ドラッグストア等でチェックしてみると良いでしょう。

ストレスを溜め込まない

ストレスが溜まっていると体の免疫力を低下させてしまいます。決して体に良いものではないという事は誰もがご存知かと思いますが、医療の面でも悪影響ばかりです。
ですが昨今は「ストレス社会」と呼ばれているように、とにかくストレスの原因となる事が多い世の中です。ちょっとした事でストレスが溜まりますので、溜めないように心掛けるのではなく、発散する場所を確保するよう心掛けると良いでしょう。
ストレス発散は、精神的に楽になるだけではなく、風邪の予防にも役立ってくれますので、時には思い切りハメを外して自分の感情を外に出したり、誰にも邪魔されない自分だけの時間を楽しんでみるのも良いのではないでしょうか。

自分の体調に敏感になる

風邪の予防で大切なのは自分自身の体調に対して敏感になる事です。ちょっとした異変にすぐに気付き、対処する。
風邪に限らず、体調不良は悪化させてしまえばしまうほど面倒ですが、軽い段階であれば予防も決して難しくはありません。後になってからあれこれどうしようと騒ぐのではなく、軽い状態の時に警戒するだけでも全然違いますよ。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP