風邪を予防する7つの方法

imasia_8203395_M

風邪は万病の元とも言われます。
しかし風邪は簡単な方法で予防できます。

・風邪を予防する7つの方法
1.うがい
2.手洗い
3.マスクを着用する
4.室内を乾燥させない
5.規則正しい生活
6.バランスのとれた食事
7.ストレスや疲れを溜めない

では具体的に解説してみましょう。

1.うがい
風邪などの雑菌やウイルスが原因となって発症する病気?
いわゆる感染症は、菌やウイルスがいなければ?
発症しません。
しかし感染症の問題点は?
その菌やウイルスが見えないことです。
それでも菌を入れない!
そんな心構えが予防では大切です。

それを一番簡単かつ安価!
子供にもできる方法!
それは、うがいと手洗いです。
昨今はうがいを「意味なし」とする意見もあります。
それでも帰宅後にうがいをするとしないでは大きな差があるようです。

2.手洗い
風邪の菌やウイルスを取り除くには?
手洗いも有効な手段です。
なお洗いすぎると手が逆に荒れてしまう!
石鹸を付けて念入りに手洗いしないと菌が完全に落ちない?
指摘されますが、水洗いだけでも、多くの菌やウイルスを落とせるものです。
そもそもこれを習慣化する!
これが一番の予防法です。

3.マスクを着用する
マスクを着用すれば良い?
こちらは一見もっともらしそうですが、近年増えている花粉症用のマスクでも?
風邪のウイルスはちょっとした隙間から入り込んでしまいます。
そういう意味では、密閉性の高いマスクを着用する!
これが大切です。

4.室内を乾燥させない
風邪やインフルエンザの菌やウイルスは?
極めて軽いので、重力に負けず空気中を浮遊できます。
空気が乾燥すると?
埃のように鼻や口の高さへ浮かんでしまいます。
そしてそれが吸い込まれて風邪をひく!
つまり室内を乾燥させない!
加湿器などを使って湿度60%以上に保つことが風邪予防の鉄則です。
ただし加湿器の水タンクを綺麗にしないと?
逆に雑菌を撒き散らすことになる?
常に清潔を心がけましょう。

とはいえ加湿器は高い?
新しいタオルを濡らして、ハンガーなどに掛けておきましょう。
これだけでも室内を乾燥させない!
意外な予防効果があります。
それでも乾きが速いので、1時間毎に濡らし直すのがベストです。

5.規則正しい生活
風邪は体調が崩れた時に発症します。
そもそも何故体調が崩れるのか?
野生動物を見ればわかるように?
人間も本来は規則正しい生活をしていたはずです。
それが社会の変化に伴い?
寝る時間が遅くなる?
食事を抜いてしまう!
そんなパターンが増えてきました。
仕事だから?
仕事と身体どちらが大切!
究極の選択ですが、体調を整えれば仕事も捗る!
生活習慣病やうつ病などの精神疾患も防げます。
寝る時間や食事の時間などを1時間前後の幅で揃えてみる!
それだけでも風邪に強い身体が作れる?
有効な予防法になります。

6.バランスのとれた食事
体内に入った栄養素は、時々刻々体内で消費されます。
もちろん脂肪が蓄積される!
それで悩んでいる人も多いでしょうが、
ビタミンやミネラル、タンパク質は、潤滑油であったり、故障部分の修復などで日々使用されてしまいます。
そのため緑黄色野菜や乳製品、魚介類などから適切な栄養素を毎日バランスのとれた食事によって摂り入れることが不可欠です。
これが抵抗力を付ける!
風邪を予防する強い身体を作ってくれます。
ダイエット?
それでもバランスのとれた食事!
こちらの方がダイエット効果も期待でき、抵抗力を付ける!
肥満や生活習慣病を予防するなど、一石二鳥以上の働きがあります。

7.ストレスや疲れを溜めない
仕事!
これを言い訳にしていると?
風邪をひきやすくなるようです。
馬鹿は風邪をひかない?
言い換えるとストレスや疲れを溜めない人は?
風邪をひかない!
つまり免疫力が高まるようです。
もちろん適度なストレスや疲れは睡眠を促すため、こちらも風邪の予防に有効です。
それでも根本的に免疫力を高める!
ストレスが免疫力に対する最大の敵!
多々指摘されるので、自分なりのストレスや疲れの解消法?
探してみましょう。

以上、日々心掛けてみましょう。
簡単そうだけど?
身に付いてしまった習慣は変えられない?
習慣を正すことこそ一番の予防法です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP