あああ

食事について

どんな人であっても美味しい食事をすると幸せな気分になるものですが、時に障害者にとって食事が苦労の種でもあります。
特に障害児の場合、または成人であっても精神障害者や認知症患者、さらに手に麻痺を抱えているケースでは、如何にして食べてもらうか?日々悩む家族も少なくありません。
もちろん健康状態を保つためには、毎日バランスのとれた食事をすることが必然ですが、中には消化器系の障害があり、普通の食べ物を摂取できず、流動食であったり、食道や胃へ直接栄養物を送る必要があるような重度の障害者もいるでしょう。
一方で寝たきりの高齢者や障害者の場合には、嚥下障害により肺炎などを引き起こすケースがあるので食事中は目が離せません。
なお近年は手に障害がある人向けに開発されたスプーンなどがあるので、上手く利用することにより食事を楽しむこともできるようになっています。
そして障害者やその家族が落ち着いて食事を摂ることができるように個室を準備してくれるレストランもあるようです。
障害者の世話をする家族は気分的に落ち込みやすく、うつ病になったり逆に体調を崩すケースもありますが、家族こそ1日3食を楽しんで心身ともに健康に暮らすことが何よりも大切です。

関連記事

  1. 生理の仕掛け人1
  2. ゴールドコンサートに夢を!
  3. サウナでは包茎を隠せる
  4. サプリメントの摂取方法によって変わる生理への効果
  5. トイレについて
  6. Handicapped vector icon. Style is flat symbol, black color, rounded angles, light gray background. 国が定める障害者の範囲は?
  7. 障害者たちのお仕事の場
  8. グループホームは障害者施設

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP