あああ

養護学校で学習

子供の障害者で、一般の児童や生徒らと同じ様な勉強が困難と判断された場合は、養護学校へ進学することになります。
なお近年、学校教育法においては、養護学校、聾・盲学校を含めて特別支援学校と呼ばれています。
名前が変わってもやっていることは同じですが、やはりネーミングによるイメージは大切なようです。
もちろんかつての養護学校であり現在の特別支援学校では小中学生や高校生が学べるようになっています。
知的障害があれば、その子に合わせたスピードやレベルの教育を施す必要があるので、障害者自身にとっても養護学校で学習した方がメリットは大きいでしょう。
一方で知的レベルにおいて何らの変わりもなく、単に身体障害を抱えているだけの子供であれば、親としても普通の学校で同学年の子供たちと共に学ばせたいと考えますが、この判断も難しいようです。
当然身体的な障害を有していれば誰かが介助しなければならないからです。
ただし子供時代に障害者と一緒に過ごした経験のある人は、大人になっても障害者に対する偏見を持ちにくいというデータがあるので、障害者ではない人にとって、養護学校の存在が逆に差別意識を植え付けるという指摘もあり複雑です。

関連記事

  1. 真性包茎とは
  2. disabled people care help flat icons set 昨今の聴覚障害者
  3. pixta_11546066_M 後発薬は本当に救世主なのか?解消すべき3つの不安
  4. imasia_9877735_M 病気の予後について、気になる5つのデータがあります
  5. 気にすべきは衛生面
  6. 包茎手術は入院の必要がない
  7. 尿漏れを引き起こす
  8. コンプレックスが人を育てる

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP