高血圧症とは

高血圧症とは血圧が高い状態をいいますが、ではどれくらい血圧が高いと高血圧症と呼ばれるのでしょうか?日本高血圧学会がまとめた「高血圧治療ガイドライン」によれば成人の収縮期血圧(いわゆる上の値)120mmHg未満かつ拡張期血圧(いわゆる下の値)80mmHg未満を至適血圧、同130mmHg未満かつ85mmHg未満を正常血圧と呼んでいます。
そして上130mmHg以上または下85mmHg以上を高血圧とよび他の生活習慣病などと合わせて脳心血管系疾患が発症しやすいリスク患者に分類されます。
本来高血圧症自体はそれほど問題ではなく、高血圧症による死亡者数は年間6000人程度、これは交通事故により死亡する人数よりも少ない数であり、年間30万人以上が死亡する癌に比べると極めて少ない人数です。
では何故高血圧症がこれほど問題視されているのでしょうか?それは高血圧の状態にある人は脳や心臓、血管系の病気に罹りやすくなるからです。
また高血圧症を含めた複数の病気を持つ人は、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な脳心血管系疾患に罹る危険性が高まるからです。
現在高血圧症に対する様々な治療法がありますので、自分の血圧を常に把握するようにして早めの対策を心がけましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP