髪をとかすと痛い

神経痛は老人の病気と思っている人が多いようですが、頭の後ろから耳の裏辺りにかけて痛みが生じる後頭神経痛は若者でも発症することが稀ではないので油断は禁物です。
後頭神経痛は頭痛の一種とも考えられそうですが、基本的な仕組みは頭皮に関する神経が圧迫されて感じる痛みです。
そのため後頭神経痛は頭皮の神経痛とも言われています。
ということなので髪をとかすと痛い、違和感があるケースでは後頭神経痛を疑ってみるとよいかもしれません。
逆に普段は何も感じなくても髪をとかすと痛い、くしが当たるとピリピリ痛む場合は後頭神経痛の可能性が否定できません。
もちろん髪をとかすと痛い原因は他にもあり、実際に傷ができていたりする場合もありますが、頭皮の問題は抜け毛や薄毛に直結するので、日々メンテナンスが必要です。
つまり毎日の洗髪時に注意してみる、整髪料に気を配ることも重要です。
なお後頭神経痛の症状は髪をとかすと痛いだけではなく、肩こりや腰痛になったり、別の箇所の神経痛を引き起こすこともあります。
ただし髪をとかすと痛い状態が市販の鎮痛剤によっても消えなければ後頭神経痛の確率が高いので早めに医療施設を受診しましょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP