麦粒腫について

麦粒腫概要
麦粒腫(ばくりゅうしゅ)は、まぶたの縁や、内側の組織に、最近が感染する事で起こる化膿性の目の炎症。

麦粒腫感染の原因は、ブドウ球菌によるものが多く、医療用語では、まぶたの根元に出来る麦粒腫を外麦粒腫と呼び、まぶたの裏に出来る麦粒腫を、麦粒腫と呼ばれている。

麦粒腫とは
麦粒腫とは、一般的に「ものもらい」と呼ばれる事の多いまぶたの病気です。

麦粒腫は、ブドウ球菌などの細菌が、まぶたの内側や、外側に入る事で、まぶたが炎症を起こす病気で、麦粒腫に感染すると、まぶたに局所的な赤みが出たり、場合によっては、軽い痛みやかゆみを感じる事もあるようです。

麦粒腫症状
麦粒腫の初期症状は、まぶたの一部に赤みが出る事が多く、そのまま放っておくと、まぶたの痛み、かゆみを感じる事が多いようです。

痛みやかゆみを感じるのは、細菌がまぶたに入る事で、まぶたの内部が化膿する為で、化膿後も適切な処置を怠ると、赤く腫れたまぶたが自然に切れて、膿みが出てくると言われています。

麦粒腫原因
麦粒腫の原因は、細菌が、目に入る事だと言われていますが、麦粒腫の原因となる細菌は主に、ブドウ球菌だと言われています。

ただ、まぶたの中にも日常的に菌はひそんでおり、問題は、菌が入る事よりも、ブドウ球菌などの化膿を引き起こす菌がまぶたに入り込み、増殖する事で、日常的には、ほとんど起こらない腫れや、かゆみ、痛みなどが出てくるのです。

麦粒腫診断・検査
麦粒腫(ものもらい)に似た症状がまぶたに出た場合には、どんな風に診断をしたら良いのでしょうか。

麦粒腫の症状は一般的にも知られていますから、まぶたが異常に腫れて来た、かゆみがあると言う場合には、眼科に行った方が良いと言われています。

基本的に眼科では、視力検査や、眼圧検査などを行い、麦粒腫かどうかを診断する場合が多く、「自分では麦粒腫(ものもらい)だと思っていても、実は違う病気だった」という事がたまにあるので、自己診断ではなく、しっかりと専門医の診断を受ける事が大切です。

麦粒腫治療法
麦粒腫の治療法には、どんな方法があるのでしょうか。

麦粒腫は、まぶたの中に細菌が入る事で、まぶたが化膿して腫れたり、痛みや、かゆみが出る症状の病気です。

基本的に、麦粒腫のような症状が出た場合には、眼科などで検査を受け、麦粒腫と診断されたら、まぶたの腫れを引かせる温湿布を、1日数回まぶたに貼るという治療が行われています。

ちなみに、麦粒腫が悪化し、まぶたの中に膿みが溜まると、自然にまぶたが切れて膿みが出てくる場合もあります。

膿みが出れば、その後は回復に向かう事がほとんどですが、その場合には、完治するまで1ヶ月ほどの期間がかかるようです。

麦粒腫生活上の注意
麦粒腫は、まぶたに細菌が入る事で起こる病気なので、日常的に顔を洗ったり、アイメイクをした場合には、特に目の周りを清潔に保つ事が重要です。

麦粒腫予後
麦粒腫は、まぶたの中に細菌が入り、化膿する事でかゆみや痛みなどの症状が出る病気なので、基本的に細菌の増殖や、化膿が止まれば症状は回復します。

特に、まぶたが自然と切れて溜まっていた膿みが出た場合には、麦粒腫が回復に向かう事がほとんどです。

麦粒腫予防
麦粒腫の予防方法は、目の周りや顔を清潔に保つ事だと言われています。

外出時の手洗いうがいだけでなく、顔を拭く時は清潔なタオルを使ったり、コンタクトレンズもマメに洗浄する事で、麦粒腫の予防に十分な効果があると言えるでしょう。

麦粒腫口コミ
麦粒腫は、まぶたの病気と言う事もあり、麦粒腫の症状が出ると、周りからも心配される事が多いと言われています。

基本的に、麦粒腫は、まぶたの内側に溜まった膿みが、自然に出てくれば治る病気なのですが、治療をせずに放っておくと、仕事に行くのも辛い顔つきになってしまうそうです。

麦粒腫この病気に似た病気
「麦粒腫は、周りにうつる」と言われる事もあるのですが、実際の所、麦粒腫は周りに感染する事がなく、感染率が高く、麦粒腫と似た病気には、ウイルス性急性結膜炎があげられます。

麦粒腫かかりやすいタイプ(世代・性別・遺伝要素など他)
麦粒腫は細菌がまぶたに入る事で起こる病気なので、性別や遺伝よりも、清潔な環境に暮らしているか、と言う事の方が重要だと言われています。

出来るだけ、麦粒腫にかからないようにする為には、日常的にまぶたや、目の周りを清潔にする必要があると言えるでしょう。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP