40歳以上の場合には

近年では特別珍しくなくなった高齢出産。
けれどやはり、高齢になればなるほどリスクは高くなります。

35歳以上の出産を医学的に高齢出産と呼びますが、最近では40歳以上の出産を事実上高齢出産として懸念する場合が多くなっています。

もちろん、40歳を過ぎたからといって子どもが産めなくなるわけではありません。
ただ、例えば20代における流産率は1割程度であるのに対して、40代における流産率はその約倍。
2割程度が流産するとの統計があります。
体内で作られる卵子も、やはり老化しているのです。

なにより怖いのは、「ダウン症候群」という染色体異常です。
この先天異常は、母体の加齢とともに出現率が高くなることが知られています。
症状には個人差がありますが、知能や運動能力の発達が遅れたり、奇形や合併症などの可能性もあります。

体力その他の関係で、帝王切開での出産率も上がりますね。

とはいえ、40歳以上の出産は増加していて、40代の出産の半分は自然分娩で普通に生まれてくるものです。
赤ちゃんが欲しいと思うのであれば、あまり神経質になりすぎず、体調管理や精神向上に努める方が良いでしょう。
あとは、信頼できる医師とよく相談することです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP