胃肉腫を予防する5つの方法

pixta_12935645_M

胃肉腫とは?
胃にできる腫瘍の一種です。
そのうち3分の2は悪性リンパ腫系胃肉腫!
残りの3分の1は平滑筋胃肉腫とされています。
そんな胃肉腫を予防するには?
別々の対策が必要なのでしょうか?

・胃肉腫を予防する5つの方法
1.ピロリ菌を除去する
2.早期発見
3.規則正しい生活
4.刺激を避ける
5.禁煙

では具体的に解説してみましょう。
1.ピロリ菌を除去する
胃肉腫全般に言えることですが、ピロリ菌との直接的な因果関係はないようです。
しかしピロリ菌が存在すると?
胃肉腫が誘発される可能性は否めない!
そういう意味では?
ピロリ菌を除去する!
最終的な?
胃がんを予防する意味でも、早々に解決しておきたい問題です。

なおピロリ菌はかつての生活習慣で決まるようです。
つまり井戸水などで暮らしていた経験があれば?
ピロリ菌感染の疑いが極めて高い!
ある程度の年齢になれば?
調べておくと良いでしょう。
この観点から考えれば?
下水道が完備された日本では?
今後ピロリ菌感染者が減る!
それでも予防に努めることは重要です。
水道といえども煮沸してから飲む!
特に海外では必ず煮沸消毒をする!
高級ホテルでも?
水道から直接飲水しない!
これらを徹底すれば?
胃肉腫にも罹りにくくなるでしょう。

2.早期発見
胃肉腫は?
他のがんと同様に、早期発見であれば?
対応策はたくさんあります。
手術も難しくないでしょう。
とはいえ胃肉腫を早期発見できるのか?
ほとんどのケースでは?
初期状態で自覚症状はありません。
一方で胃肉腫が進行すれば?
外から手で触れるくらいになる?
これは逆に怖い話です。
そこまで大きくなってしまうと?
手術でも完全に除去できない!
予後に影響するでしょう。
したがって定期健診などで消化器X線による検査をオプションで受ける!
早期発見や予防に努めることが重要です。

3.規則正しい生活
胃肉腫の明確な原因は知られていません。
現状において?
特定の遺伝子が突然変異を起こす!
こう解釈されています。
そういう意味では?
突然変異を予防する!
曖昧すぎますが、規則正しい生活をする!
これに尽きるでしょう。

胃肉腫に限りませんが?
がんは細胞が突然変異を起こした状態です。
本来なら細胞にも寿命があります。
しかし細胞が不老不死になった!
身体全体が不老不死になれば良いのでしょうが、世の中上手くいかないものです。
それでも規則正しい生活を続ければ?
突然変異を抑えることができる?
積極的にできなくても?
隠遁生活を続ければ?
突然変異を起こすような刺激を避けられるでしょう。

4.刺激を避ける
胃肉腫は胃内にできる腫瘍です。
であれば?
胃内への刺激を避ける!
これが数少ない予防法のひとつです。
例えば辛い物や香辛料!
コーヒーなどのカフェイン系!
さらに暴飲暴食なども避けたいものです。
そのような刺激を控えれば?
遺伝子の突然変異を予防できる?
最小限に抑えられるでしょう。
生活は味気なくなるかもしれませんが、それで胃肉腫を防げるなら?
試してみる価値はあるでしょう。

5.禁煙
胃肉腫と喫煙の明確な因果関係は認められていません。
しかし一般的ながんと捉えれば?
禁煙が予防策のひとつです。
禁煙しててもがんに罹る人はたくさんいます。
とはいえ何らかの対処をしている!
それを明確に現すのが?
禁煙です。

以上、日々心掛けてみましょう。
胃肉腫を直接予防する?
あまりイメージが湧かないでしょう。
しかしがんを予防する!
そう考えると?
対策はたくさんありそうです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP