アキレス腱痛の予防

ちょっと身体を動かしただけで翌日以降に違和感を覚えるような人は筋肉が衰えている、疲労が溜まっている、そして体力の消耗が著しい証拠なので注意しましょう。
できるならば老化予防も兼ねて、日々ストレッチや軽い体操などを続けましょう。
大病がいつ襲ってくるかわかりませんので、何事も予防が第一です。
なおアキレス腱の辺りに生じる様々な病気や痛み、怪我なども突然起きることがありますが、これらアキレス腱痛の原因は、過激な運動をした場合以外、毎日の生活の中でも転がっているので気を付けたいものです。
ではどのようにアキレス腱痛を予防するのか?例えば激しい運動をした場合に足首を冷やすことです。
つまり炎症を抑えることが筋肉痛のみならずアキレス腱痛の予防にもつながります。
また常に足首や関節を動かして柔軟性を高めておくことも、アキレス腱痛の予防措置として重要です。
一方でおしゃれも大切ですが、ハイヒールや踵部が過度に硬すぎる、逆に柔らかすぎる靴を履いているケースでも、踵に負荷を掛けてアキレス腱痛を促すことになります。
すなわち自分の足の形に合った正しい靴を選ぶことがアキレス腱痛を含めた足のトラブルの予防になるようです。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP