アレルギー性下痢の原因

下痢の症状が多様であるのと同様に、下痢の原因も様々です。
中には心因性、すなわち精神的に追い詰められると下痢になるケースもあります。
また細菌性の食中毒なども典型的な下痢の原因ですが、昨今では食べ物アレルギーが原因となるアレルギー性下痢(アレルギー性腸炎)の患者が増えていると報告されています。
アレルギー性下痢の主な原因として、小麦や牛乳、卵、大豆、ピーナッツなどがあり、ケースによっては蕁麻疹、呼吸困難や血圧の急激な低下などを示し、命の危険に曝される事例もあるので、アレルギー性下痢が疑われる際には原因物質の特定を急ぎ、再発予防に努めたいものです。
基本的にアレルギー性下痢に限らず、下痢の場合は原因が確認できればそれほど問題視すべきではなく、下痢には有毒物質を早く体外に出す!という自浄作用があるため、安易に下痢止め薬を使うことは逆に害があると指摘されており、乳幼児や高齢者など体力が弱っている人を除き、適宜水分補給に努めつつ経過観察を続けるべきとされています。
ただしアレルギー性下痢で嘔吐を伴うケースでは、口から水分を取り入れることが極めて困難なので、脱水症状が激しい時には点滴が必要になります。

アレルギー性下痢の予防

アレルギー性下痢の解消方法

アレルギー性下痢に効果的な食べ物

アレルギー性下痢に効果的なサプリメント

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP