アレルギー性下痢の予防

電車の中などで突然の腹痛や下痢に襲われた経験は誰しもあるでしょう。
トイレはどこ!という切実な問題はありますが、理由がわかれば心配する必要はなく、逆に意識しすぎると心因性の下痢に発展してしまうので注意したいものです。
基本的に下痢は腸の働きが過敏になった状態なので、気持ちを落ち着ける、暴飲暴食を控えるなどの生活習慣によって予防することが可能です。
昨今増えている食べ物アレルギーによって発症するアレルギー性下痢(アレルギー性腸炎)のケースも、事前にアレルゲンが特定できれば確実に予防できます。
すなわち自分のアレルギーを知り、摂取を抑えることがアレルギー性下痢に対する最大の予防策であり、かつ唯一の予防法です。
とはいえ加工食品では、アレルギー性下痢の原因物質が微量しか含まれていないこともあり、それでも身体は敏感に反応してアレルギー性下痢を引き起こすので、特に学校給食や高齢者施設での食事に関しては十分な配慮、個々人に向けた予防策を講じておきたいものです。
なお食べ物アレルギーの場合には、アレルギー性下痢の前に腹痛や嘔吐、蕁麻疹などの症状が先に現れることも多いので、その時点で適切な処置を施しましょう。

アレルギー性下痢の原因

アレルギー性下痢の解消方法

アレルギー性下痢に効果的な食べ物

アレルギー性下痢に効果的なサプリメント

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP