アンギーナ痛

アンギーナ(アンギナ:angina)とは、喉の奥にある口峡という部分に起きる炎症の総称であり、これに痛みが伴う症状をアンギーナ痛と呼ぶことがあります。
一方で狭心症による締め付けられるような胸部の痛み、症状に関してもアンギーナ痛(anginalpain)と称することがあります。
さらに腸管において血流が滞ることにより腹痛を感じるケースに対しても腹部アンギーナ(abdominalangina)と名付けられるようです。
つまりアンギーナ痛とは、受診した医師によって解釈が異なるとも言えるので、初心者があまり口にすべき病名ではないでしょう。
とはいえ一般的なアンギーナ痛は喉の病気を指し、ブドウ球菌など周辺に常在する菌が原因となって症状が現れます。
特に乳幼児で症状が出やすいとされていますが、疲れが溜まっていると成人であっても症状に苦しめられることが少なくないようです。
ちなみに典型的なアンギーナ痛の症状は、喉の痛み、発熱、倦怠感などがあります。
通常これらの症状は一過性であり、風邪と同じく安静にして薬を服用すれば治癒しますが、症状を繰り返すケースも稀ではないので、医療機関において正しい診断を受け、適切な治療を完治するまで続けることが大切です。

アンギーナ痛の原因

アンギーナ痛の予防

アンギーナ痛の解消方法

アンギーナ痛に効果的な食べ物

アンギーナ痛に効果的なサプリメント

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP