食道憩室検査・診断

食道憩室は物理的な症状のため、有用な食道憩室の検査・診断方法は内視鏡による目視です。
しかし食道憩室は粘膜性で薄い壁に過ぎないパターンが多いことから、内視鏡により穴を開けてしまうケースが多々知られています。
そのためバリウムを利用したレントゲンによる検査・診断が第一選択となるようです。
つまり食後いつも喉から胸にかけて違和感がある、嘔吐しやすい、食事中にむせたり咳が出やすいなどが気になったら、問診で状況を確認しつつ、レントゲン検査を受けてみましょう。
なお食道憩室のほとんどは後天的な症状として現れますが、内視鏡による検査・診断では先天性疾患と区別することが難しいようです。
とはいえ食道憩室の場合は患者さん本人が困っているか?日常生活でトラブルを抱えているか?それが検査・診断を実施する、治療開始の決め手になります。
言い換えると検査・診断はできたけど、許容範囲であれば、わざわざ外科手術を採用することもありません。
ちなみに食道憩室は当人に自覚がなく、健康診断で発見されることが少なくないようですが、よほど大きくなっていたり重篤な症状が確認できなければ、それほど深刻な病気ではないので心配する必要はありません。

食道憩室の症状

食道憩室の治療法

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP