悪性高熱症の原因

明確な原因を問わず、普段の生活において熱が出ると心配します。
多くの人は解熱剤を使うでしょうが、発熱にはそれなりの原因があるので、乳幼児や高齢者、そして何らかの病気で既に体力を消耗している人以外には薬を安易に使用すべきではないと言われています。
すなわち発熱とは、体内に侵入してきた病気の原因になる生物体を熱によって死滅させようとする生体防御反応の一種なのです。
しかしこの反応に異常を来し、必要がないのに発熱してしまうケースが多々あります。
例えば悪性高熱症はそのひとつです。
つまり悪性高熱症とは、手術時の全身麻酔薬が原因となり、体内の様々な箇所で筋肉が震えることから熱を発し始め、その抑制、制御が利かなくなった状態です。
現在では悪性高熱症の特効薬が知られているので、手術時に担当の麻酔医が患者さんをよく観察していれば、死に至るようなトラブルに発展することは極めて稀です。
一方で悪性高熱症は誰でも発症する?ということではなく、悪性高熱症を引き起こしやすい原因遺伝子が確認されています。
そのため該当する家系の人、特に若年層の男子で多発すると報告されているので、子供が手術を受ける際には厳重な注意が求められています。

悪性高熱症の予防

悪性高熱症の解消方法

悪性高熱症に効果的な食べ物

悪性高熱症に効果的なサプリメント

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP