悪性リンパ腫の原因

血液のがんとも言われる悪性リンパ腫は様々なタイプに分類されますが、症状の進行が速く死亡する事例が少なくないので、早急に対処すべき病気です。
しかし明確な原因がわかっているわけではないので、治療においても難しい疾患のひとつです。
なおリンパ系は免疫に関与していることから、悪性リンパ腫に罹ると感染症やアレルギーなどに対抗できなくなり、患者が余計に衰弱する原因になりますが、一方ウイルス感染が原因で悪性リンパ腫を発症するケースも知られており、さらに何らかの原因で免疫系に異常を来たしている人が悪性リンパ腫を起こしやすいとも指摘されているので、状況は複雑です。
ちなみに悪性リンパ腫は、大きくホジキンリンパ種と非ホジキンリンパ腫の2つに大別できますが、日本人のほとんどは後者であるとされ、中でもB細胞由来型やNK細胞由来型、そしてT細胞由来型などが多いと報告されています。
時に悪性リンパ腫の確定診断に際しては病理組織検査が実施され、遺伝子検査も並行することになりますが、遺伝的な原因で悪性リンパ腫が生じる?メカニズムは解明されていません。
もちろん悪性リンパ腫の場合も他の臓器へ転移することが稀ではないので注意が必要です。

悪性リンパ腫の予防

悪性リンパ腫の解消方法

悪性リンパ腫に効果的な食べ物

悪性リンパ腫に効果的なサプリメント

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP