悪性中皮腫の予防

悪性中皮腫が昨今話題になっていますが、これはかつて建材として利用していたアスベスト(石綿)が原因となって悪性中皮種に罹る事例が増えているためです。
このようなことが起きるのは、悪性中皮腫の潜伏期間が40年程度と長期に及ぶため、高度経済成長時代に曝露した結果が今に現れている!ということです。
言い換えると悪性中皮腫の種は遠い過去に播かれているため、今更予防に励むことは難しそうです。
とはいえまだ悪性中皮腫の症状を確認していない人であれば、発症予防に努めましょう。
例えば定期健康診断を欠かしてはいけません。
アスベスト工事の経験があれば、X線やCTなどの精密検査を受けましょう。
これが最たる予防法です。
一方で既に悪性中皮腫との診断を受けている患者さんの場合には、医師の指示に従って治療を進めることが悪化予防の最善策です。
悪性中皮腫は初期段階であれば治療の選択肢があります。
しかし悪性中皮腫は、一度治ったとしても再発、もしくは転移の危険性があるので、油断せずに他の部位のがんを含めて予防に徹したいものです。
ちなみに現在はアスベストの使用が禁止されてますが、解体工事などの際にはマスクをして体内への侵入を防ぎましょう。

悪性中皮腫の原因

悪性中皮腫の解消方法

悪性中皮腫に効果的な食べ物

悪性中皮腫に効果的なサプリメント

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP