NSAIDs潰瘍を予防する5つの方法

Closeup of a man having stomach pain or indigestion.

NSAIDs潰瘍?
「エヌセイド(ズ)かいよう」と読みます。
しかし意味がわからない?
予防法もわからないのでしょうか?

・NSAIDs潰瘍を予防する5つの方法
1.NSAIDsを使わない
2.抗潰瘍薬を飲む
3.持病を治す
4.ピロリ菌を除去する
5.早期発見

では具体的に解説してみましょう。
1.NSAIDsを使わない
NSAIDs潰瘍と呼ばれるくらいなので?
NSAIDsを使わない!
これが一番の予防法です。
とはいえNSAIDsとは何か?
つまりNon-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs
日本語では非ステロイド性抗炎症薬と呼ばれています。
すなわち炎症や痛みを和らげたり解熱に適した薬の総称です。
わかりやすく言えば?
アスピリン!
ロキソプロフェンやイブプロフェンなども該当します。
いわゆる鎮痛解熱薬です。

頭痛薬は胃を荒らすから飲みたくない!
そんな人がいるでしょう。
昨今は胃にやさしい頭痛薬!
多々宣伝されています。
そういう消化器系症状の悪化した状態が?
NSAIDs潰瘍です。
そのためNSAIDs潰瘍を予防するには?
NSAIDsを使わない!
理に適った方法です。

自分の実感で?
薬が合わない!
そう思ったら?
服用を止める!
医師や薬剤師にもその旨を伝えましょう。
鎮痛薬は他にもあるものです。

2.抗潰瘍薬を飲む
NSAIDs潰瘍は?
高齢者に多いとされています。
つまり高齢になると様々な病気がある!
そのため複数の薬を飲む!
そこからNSAIDs潰瘍になる!
ならば?
さらに抗潰瘍薬を飲む!
NSAIDs潰瘍の予防になるでしょう。

しかし薬が増えれば飲み合わせ?
こちらの問題もあります。
そもそも薬を飲みすぎ!
根本的なNSAIDs潰瘍の予防にはなりません。
あくまでも窮余の策として検討すべきです。

3.持病を治す
そもそも何故NSAIDsを飲むのか?
その根本を正す!
つまりNSAIDsを飲む理由になる持病を治す!
これが基本的なNSAIDs潰瘍の予防策です。

なお市販薬は安全か?
それでも頭痛や発熱で薬を乱用してはいけません。
人間の身体は薬に慣れてしまい、大切な時に効かなくなります。
本来発熱は?
病原菌と戦うための重要な生体防御反応です。
乳幼児や高齢者を除いて?
薬で安易に解熱する?
避けたいものです。
体調が悪い際は?
安静にする!
それが原則です。
無理をしないで持病を治す!
第一に考えましょう。

4.ピロリ菌を除去する
昨今の研究において?
胃がんとピロリ菌の因果関係が明確になりました。
同じようにNSAIDs潰瘍に関しても?
ピロリ菌の除去で予防できる!
そのためNSAIDsを服用し始める前には?
ピロリ菌の検査をする!
ピロリ菌のいることが確認されれば?
可及的速やかにピロリ菌を除去する!
NSAIDs潰瘍を100%予防することはできませんが、かなりの確率で発症を防げるようです。

5.早期発見
NSAIDsを使わない?
とはいえNSAIDsを使う病気は?
関節リウマチがあります。
このケースでは?NSAIDsが特効薬でもあります。
そのためNSAIDsを使わない?
難しい判断です。
ならばNSAIDs潰瘍を予防するには?
関節リウマチを早期発見する!
これが重要です。

関節リウマチは?
初期症状は自覚しづらい!
しかしおかしい?
そう感じたら?
早めにチェックしましょう。
早期発見であれば?
治療の選択肢は広がります。

以上、日々心掛けてみましょう。
無理な我慢は禁物です。
しかし薬は使わないに越したことはありません。
そういう意味でも日頃から?
かかりつけの薬剤師さんがいると?
安心です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP