POIインプラントの骨結合力

京セラは日本でも代表的な企業のひとつですが、神戸製鋼所と医療材料部門の会社である京セラメディカルを設立し、インプラント用部品を提供しています。
そのブランドがPOIです。
POIとはPhysioOdontramImplantの略称であり、1989年に開発されたインプラントシステムです。

POIの特徴は、生体との親和性が高いチタン合金で表面処理している点です。
腐食に強く骨との結合力に優れる!として20年以上も歯科医から良い評価を得ています。
さらに豊富なバリエーションを持つPOI EXシステム、1回法や2回法それぞれに適用できるインプラントシステムも揃えています。

もちろん実際にインプラント製品を選択するのは歯科医でしょうが、患者さんの体質や顎の骨などを鑑みれば、国内で作られたインプラント製品であるPOIシリーズは、使いやすさや調達面、柔軟性に富むと考えられるでしょう。

なおインプラント製品には通常「保障」が付きますが、電化製品と同様に、相応の扱い方をしなければ、トラブルが生じても保障の対象外!です。
例えば医師の指示にしたがったアフターケアをしない!
定期検査に来ない!
毎日正しい方法で歯磨きしない!など。
これらこそインプラントのお世話になる原因です。

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP