妊娠の予防

妊娠をする上では健康な妊娠、出産を心がけたいものです。
そのため妊娠に悪影響を与える様々な原因に対して予防措置をとることが大切です。
最も注意すべきことは感染症の影響です。
風邪やインフルエンザの場合でも、高熱や服用する薬が胎児に影響を与える危険がありますので医師や薬剤師に確認しましょう。
また、うがいや手洗いの励行により風邪の予防に努めるとともに、水疱瘡や風疹などへの感染を予防し、不特定多数との性交渉をしないなど、性感染症への予防も大切です。
一方妊娠中に多い病気には妊娠中毒症があります。
妊娠中毒症の仕組みは明確ではありませんが、むくみや高血圧、そして尿タンパクなどの症状が現れます。
妊娠中毒症を予防するためには、肥満を解消する、疲れを溜めない、規則正しい生活をすることなどが重要とされています。
なお妊婦さんにとってつわりも辛い症状です。
つわりは個人差が大きく予防は難しいと考えられていますが、大切なことはつわりも妊娠の副産物として前向きに捉えること、つまり心理的な予防が重要です。
もちろん適度な運動、日光浴、さらに食欲不振になりますが、栄養バランスを考えた食事と、規則正しい生活を送ることが一番の予防方法です。

妊娠の原因

妊娠の解消方法

妊娠の効果的な食べ物

妊娠の効果的なサプリメント

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP