溶連菌感染症

  1. 溶連菌感染症状の概要

    溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌による感染症であり、その症状の概要は咽頭炎や扁桃腺炎、そして皮膚のとびひなどです。連鎖球菌は化膿を起こしやすい菌として有名ですが、一般に溶連菌感染症の場合は咽頭炎や扁桃腺炎になります。急性咽頭炎や…

  2. 自然治癒について

    人間は自然生態系の最上位に君臨する王者だ!と驕っていると、目に見えない細菌に負けてしまう?不思…

  3. 熱がでない場合も稀ではない

    感染症に罹れば、炎症が生じるため発熱を伴うのが一般的です。乳幼児に現れやすい溶連菌感染症の主症状も発…

  4. 抗生物質について

    人間万事塞翁が馬?など人生何が起きるかわからないものです。世紀の大発見!と呼ばれるものも偶然や…

  5. 伝染性膿痂疹でかゆみを誘発

    溶連菌感染症には様々なタイプがあります。通常は発熱や喉の痛みが主症状になりますが、皮膚に発疹が現れる…

  6. 妊婦の場合

  7. 小中学生はかかりやすい年齢

  8. pixta_16309809_M

    溶連菌の薬を途中でやめると

  9. 後遺症について

  10. 予後はどうか

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP