溶連菌感染症

  1. 溶連菌感染症状の概要

    溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌による感染症であり、その症状の概要は咽頭炎や扁桃腺炎、そして皮膚のとびひなどです。連鎖球菌は化膿を起こしやすい菌として有名ですが、一般に溶連菌感染症の場合は咽頭炎や扁桃腺炎になります。急性咽頭炎や…

  2. プールでの感染

    学校から帰ってきて突然子供が熱を出すケースは稀ではありませんが、プールが感染経路?となるプール…

  3. 溶連菌の保菌者に罪はないか

    病原菌が体内に入ったからといって、直ぐに何らかの症状が現れるわけではありません。通常は潜伏期間と言わ…

  4. 赤ちゃんの場合

    人間の赤ちゃんは母乳を飲むことにより母親から多くの免疫を受け取ります。そのため赤ちゃんの間は抵…

  5. 溶連菌感染症でも入浴できる

    風邪を引いたら入浴厳禁!日本では言われてきました。 逆に欧米では、熱があるなら冷水で入浴す…

  6. かゆみには不思議な魔力あり

  7. 自然治癒について

  8. 熱がでない場合も稀ではない

  9. 抗生物質について

  10. 伝染性膿痂疹でかゆみを誘発

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP