野菜不足でかかりやすい病気

近年のようにファーストフードなどの外食が多くなると、どうしても野菜不足状態になりがちです。
野菜不足になるとビタミン類が不足するので、肌荒れや抜け毛、粘膜異常、眼病などがかかりやすい病気になります。
また野菜不足はミネラル不足も引き起こすので、骨粗鬆症などもかかりやすい病気です。
ちなみにカルシウムが不足するとイライラしがちになり、ストレスを感じやすくなるので、うつ病などの精神疾患もかかりやすい病気とされています。
一方で野菜不足状態は食物繊維も不足することになるので、便秘などもかかりやすい病気です。
なお野菜不足の食事メニューは、逆に食事量が少ないか肉食に偏った食事と言い換えることができます。
食事量が少ないケースでは根本的な栄養不良状態になるので、特にエネルギー不足にもなり体調不良の原因として深刻です。
他方で肉食に偏った食事のケースでは、糖尿病や高脂血症などの生活習慣病がかかりやすい病気になり、結果として動脈硬化を招き、心筋梗塞などの重篤な心血管系疾患の発症リスクが高まりますので注意が必要です。
野菜不足状態はかかりやすい病気が多いので、日々多くの食材を取り入れたバランスのとれた食事をすることが大切です。

野菜不足の問題

野菜不足の効果的なサプリメント

おすすめ記事

435392 他人事ではありません。賢い介護の受け方は5パターンです

介護を苦にして心中する!何とも言い難い事件が多発しています。特に妻を介護している男性ほど、思い悩…

カテゴリー

PAGE TOP